阪神金物株式会社は 1968年( 昭和43年)9月、現在の地・兵庫県尼崎市西昆陽にて、先代・吉田寛が金物卸業を創業したことからスタートし、以来、今日まで建築金物・装飾金物を中心に建設業に携わり、多くの得意先より信頼をいただい参りました。

 創業者・吉田寛は生涯を通して、顧客との共存共栄のみならず、地域社会に貢献することの大切さを、公私において、身を持って実践して参りました。
 そのひとつが、永きにわたって社会福祉協議会会長として地域発展に心血を注いだことです。創業者が私たちに伝えたかったのは、地域発展を無くして社業の発展はないということです。それを一言で表すと融和の心です。

 阪神金物は、この創業者精神を底流として、建設業界の一翼を担う建築・装飾金物の製作、販売、施工の専門工事会社として地域の発展のみならず、安全で豊かな住環境の整備に尽力してまいりました。
 そして、これからも、阪神金物にとってかけがえのない顧客、地域社会、社員、これらとの絆を深め、融和の心を広げつつ、社業発展に向かっていくことを当社の目標といたします。
 融和の心を維持しながら、未来につづく人材を育成し、技術を磨き、いつの時代においても「なくてはならない阪神金物」であり続けること。これを私どもの理念として、邁進いたします。どうか、これからもよろしくお願いいたします。

Copyright(c) 2012 Hanshin KANAMONO Inc. All Rights Reserved.